女性受けと男性受けは違う

たくさんの参加者の中から自分を見てもらいたい!そんな気持ちが空回りしすぎて、知らず知らずのうちに失敗していませんか。なかなか出会いがなくて婚活疲れをしている人って最初でつまづいていたりするんですよね。一つ気を付けておきたいのは、女性がいいと思う服装と男性がいいと思う服装は違うということ。男性はふわふわしていて柔らかい印象や、女性らしいシルエットの装いを好みます。そしてセクシーさが強い服装はNGなのです。

年齢ごとに変えてみる

まだ若い20代のうちは、思いっきりかわいさを重視した服装で攻めてみても大丈夫です。今しか着ることができないキュートな装いで男性の心をわしづかみにしましょう。30代以降の女性はそういった格好よりも落ち着いた感じを加えていくようになりますよね。でも落ち着きすぎるとスキのないお堅い女性に見えてしまうので要注意!40代の女性の服装は、包容力のある大人の女性を意識するのがコツです。この年齢の女性に男性が求めるものを表現するのです。

これはダメ!という服装は?

男性は女性のファッションの細かいところはあまり気にしていません。気合を入れたファッションで臨んでは却って男性は引いてしまうかも。細かい点よりも全体的な色使いやシルエットを意識してみては?避けておいた方がいい服装は、気が強そうなキャリアウーマンのような格好や、女性らしさを感じさせない格好などです。コートはパーティー会場に行く時には暖房が効いているので脱ぐことになりますから、あまり気にしなくても大丈夫ですよ。

結婚相談所の選び方は、サポートが充実しているかと、必要経費が身の丈に合っているかが重要です。写真や評判に惑わされないことが必要です。