結婚が決まったら親に話そう

結婚が決まったら相手と自分の親に話しましょう。相手の親も家族同然になるわけですから伝えておくことは重要です。そのあと、相手と自分の親を合わせてみるのもいいかもしれません。相手の親にも結婚していいか許可を取りましょう。断られても駆け落ちするなどして、諦めない事が大事です。自分たちが結婚するので、親に許可を取るのは確認ぐらいの気持ちでいいと思います。断られたらどこか遠くに行って二人で結婚してしまいましょう。

結婚指輪を買おう!!

結婚指輪は結婚する時に必要です。高いから買いたくないという方も、安い物で二人合わせて5万円以下の物もあるので、高い指輪をわざわざ買う必要はありません。指輪は一生はめることになるかもしれませんので、慎重に選びましょう。あとで、喧嘩などにならないように、二人で一緒に見てくれば、後悔もしなくて済みます。買ったあとの結婚指輪は大切にしまっておくか、いつでも離さずにつけておきましょう。指輪をつけていたら邪魔という方も、邪魔にならないような指輪を買ってみてください。

結婚式を挙げる準備をしよう

結婚式場選びは重要です。結婚式を遠くで挙げてしまったら、自分たち以外の人は参加し辛いでしょう。ですので、家の近くや職場の近くで挙げることをおすすめします。家の近くなら、知り合いが参加しやすいでしょうし、職場の近くなら、職場の人間が参加しやすいでしょう。自分たちのことだけではなく、参加する招待する人たちのことも考えてあげることが大事です。結婚式は自分たちだけの物ではないということを念頭に置いておきましょう。

婚約指輪は付ける機会があまり多くなく、最近では指輪代を新婚旅行などに回す人も多いようです。でも、見るたびプロポーズされたときの気持ちを思い出せますし、資産としてもらっておくのも悪くないですよ。