花をまとって花嫁になる

幸せに頬染めた花嫁を一段と美しく華麗に引き立ててくれるのがブーケやヘッドドレスといった花の演出です。ドレスのイメージやシーンに合わせて身につけている花を存分に楽しみましょう。胸元や帽子、そして後姿までオリジナルの花飾りたっぷりに花が祝福してくれる春先の結婚式にしましょう。また、花嫁の優美さを引き出すヘッドドレスもキーポイントになりますよ。好きな花と大好きな人たちに囲まれて、華やかな結婚式というのもいいでしょう。

鮮やかな色彩のヘッド&アームアレンジで

挙式と披露宴を一着のドレスで過ごしたいときには、生花のアレンジがおすすめですよ、挙式ではオーソドックスな白ブーケとヘッドドレス、披露宴では華やかさの増す強い色のものを持ってくれば、同じドレスでもかなり表情が違って見えます。お色直しには色鮮やかな花々でフルコーディネートがいいでしょう。たとえば、サヤエンドウの動きを生かして、ブルーと濃い紫のチューリップやブルースター、ディルフィウム等を合わせて華やかな動きのあるアレンジにしてみましょう。

花嫁のにおいたつような美しさを引き立てる

ウエディングドレスの着こなしのポイントはなんと言ってもヘアスタイルです。ゲストの視線が常に注がれるだけにヘットドレスはブーケの次に重要なアクセサリーといえるでしょう。ヘッドドレスは髪形や頭の形に合わせて形を考えて、耳を基点に上か下につけるのが通常ですが、上に持ってきたほうが若々しく映りますよ。春を感じさせる穏やかな黄色の花を使うとよく、マレーラジュンやサリー等のバラやシーマニア、ベゴニア等を密集させて流れをつくりましょう。

太田での結婚式場の演出にこだわりたいときには、ベストなプランを担当者から提案してもらうことが良いでしょう。